カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

ウィッグのつけ方 How to SET

簡単ウィッグのつけ方

missh-kisshのウィッグは初めての方でもとってもカンタンに楽しんでいただけます!
慣れれば数分で装着可能なので、短時間でくるくるウェーブにもエレガントなシニヨンスタイルにもお好みの髪型に変身可能!

後ろで髪を束ねポニーテールにします。後ろで髪を束ねてポニーテールにします。

後ろで髪を結ぶ長さがあれば、髪が短くても大丈夫!

まとめた髪の上部にバレッタを留めます。まとめた髪の上 部にバレッタを留めます。。

まとめた髪の上の方でバレッタを差し込んで留めます。バレッタはしっかりとまるのでスポーツやダンス等のハードな動きにも耐えれます!

束ねた髪をネットの中に入れます。束ねた髪を
ネットの中に入れます。

髪を入れた後、ネットをなるべく小さくまとめ、ペアピンでご自分の頭部から浮かないように固定して頂くと、よりキレイに仕上がります。

ウィッグの形を整えれば出来上がり。後ろで髪を束ねてポニーテールにします。

※ウィッグの裏がネットタイプの仕上げになっている商品の場合は、ご自分の髪を入れたネットにかぶせるようにしておつけください。

ウィッグコーム
バレッタ金具とご自分の髪の間につければ、ウィッグとご自分の髪の色の違いが気にならず、自然な仕上がりになります。

ウィッグスティック
束ねた髪に向かって斜めに差すだけでとっても華やかな印象になります。

ウィッグカチューシャ
今年、とっても流行りのコーディネイトです。

ウィッグのご注文はこちらから
後ろで髪を束ねポニーテールにします。後ろで髪を束ねてポニーテールにします。

後ろで結ぶ長さがあれば
髪が短くても大丈夫!少し
でも結わえれば、襟足の紙が
コムに届かなくても大丈夫。

まとめた髪の上部にバレッタを留めます。まとめた髪の上 部にバレッタを留めます。。

まとめた髪の上の方でバレッタを差し込んで留めます。バレッタはしっかりとまるのでスポーツやダンス等のハードな動きにも耐えれます!

束ねた髪をネットの中に入れます。束ねた髪を
ネットの中に入れます。

ネットの中に束ねた髪を入れます。ネットは広がりやすいので、簡単に髪を入れることが出来ます。

ピンで固定して完成!出来上がり!後ろで髪を束ねてポニーテールにします。

髪を入れた後、ネットをなるべく小さくまとめ、ペアピンでご自分の頭部から浮かないように固定して頂くと、よりキレイに仕上がります。

自分の髪をシニヨンにしたような
自然なスタイルが完成します!

お勧めコーディネイト

コームをプラスしてみると・・・
バレッタ金具とご自分の髪の間にコームをつければ、ウィッグとご自分の髪の色の違いが気にならず、より自然な仕上げりになります。



ネットに自分の髪を入れて、ネットをヘアピンで固定してから、シュシュ(ゴムタイプ部分)をネットの周りにはめる。そうすると、ネットと頭の堺にシュシュがくるので、頭とウィッグがよりフィットします。

シュシュタイプのポイント

その1:結わえた自分の髪が短くい場合でも、内側にシュシュ(ゴムタイプの部分)が付いているので、ボリュームが出ます。

その2:シュシュの髪が短めなのと、ウィッグ全体も大きすぎないサイズなので、もともと、自分の髪があまり長くない(ぎりぎり結わえられるぐらい)人でも『ウィッグを着けました!!』と思われないほど、自然です。

ウィッグのご注文はこちらから